主役のいないフレームアレンジメント

フレームシリーズの新作。
It’s a new series of Flames.

「庭を切り取る」がテーマの今回はアートフラワーとドライフラワーとプリザーブドフラワーを掛け合わせて如何にナチュラルに生えているように作り込むかがポイント。

Sponcered link





This theme is ‘Cut out the garden’and the point is how to make the work as it has grown with silk flowers, dry flowers and preserved flowers.



横から見た図。もう一つのテーマは「主役のいないアレンジ」。通常フォーカルポイントとなる主役の花がいて、それを中心としたアレンジが一般的だが、あえて主役を作らないことが、ナチュラルさを作りこむコツ。上級テクニックですが、個性も出るし、ありきたりなデザインにならないのでオススメ。ステムは全て短めに作る。一つ一つスキルワークを施してあまりまとまり過ぎないように。

From side.The other theme is ‘The arrangement which is no leading role’. Normally, there are leading role in arrangements but this is a secret of making the work naturally. It’s difficult but I recommend it because your works will be unique and beautiful. Make your all stems short.

 





 

今回は小物を並べて。アンティークのジュエリーなんかと飾ってもきっと素敵。

This time, I put some accessories with the arrangement.
It might be gorgeous if I put some antique accessories of London.
Sponcered link






 

今回の影の主役といえるMoss。スモークカラーのMossはフレッシュをドライに。ライムグリーンはプリザーブドのMossを使用。

I used moss. Smork color moss are dried flower and lime green moss are preserved.



今回選んだ花材は向日葵の葉・麦・ミモザ。ミモザと麦はドライで、向日葵の葉はアートフラワーをチョイス。光沢のあるものよりもザラザラとした素材の方がよりフレッシュに溶け込みます。

Flowers which I chose are leafs of sun lower, wheats, and mimosas.
Leafs of sun flower are silk flower and others are dried flower. I recommend rough material rahter than shiny material because it will become familiar with fresh flowers .



自宅の窓側はドライフラワーの山。ユーカリは吊るすだけなので、初心者さんのドライにもオススメです。

The mountain of dried flowers. I recommend eucalyptus for beginners. It’s easy! You just hang eucalyptus.



 



枝のあるものは葉だけでなくて枝もフォームに挿すとよりナチュラルに。
Use branches to be more natural.



 

かすみ草。ウェディングシーンでも流行っていますが、空間を作ってくれるのでアレンジにも最適。小さいアレンジには束ねて使うとボリュームも出て可愛くなります。

Baby’s breath. It is popular as wedding bouquets in Japan but it also great for arrangements to make space.
Sponcered link